中国語の種類

中国は世界で一番人口の多い国であり、中国語を話す人の多さも一番です。日本へ観光に来る中国人の数も非常に多いので、中国語会話が出来ると観光業ではとても役に立ちます。中国語とひとくくりにされていますが、その種類はとても多くあります。


日本にも、標準語以外に各地方独特の方言がありますよね。東北の訛りや、沖縄の方言は、まるで外国語のように聞こえる事もあります。中国にも各地方の言語、方言がありますが、その違いは日本の比ではありません。たとえば、北京語と上海語は、日本語と韓国語ほどの違いがあって、外国語と同じです。ですから、中国語会話を学ぶ時には、標準語を学ぶか、目的の地方に特化した言語を学ぶかを考える必要があります。

中国語会話と種類

標準語

よく標準語のことを北京語(ペキンゴ)と言う人がいます。しかし、北京語は、中国の首都北京で使われている方言の一つで、標準語はこの北京語が基になっています。多くの中国人が使用している事もあり、公用語として位置付けられています。台湾でもこの標準語が公用語とされています。中国のどの地域の方にでもだいたい通じるので、ビジネスや観光などで中国語を習得したいと考えている方はもちろんのこと、特にある地域の言語だけを学びたいという方以外は、この標準語を勉強する事をおすすめします。

広東語(カントンゴ)

中国の広東地方、香港、マカオなどで話される事の多い言語です。香港ではテレビや新聞でも標準語より広東語が多く使用されています。日本で例えると、大阪のテレビでは関西弁が基本となり、地元新聞は関西弁で書かれている、といった感じです。

上海語(シャンハイゴ)

その名の通り、上海およびその周辺地域で使用される中国語です。大都市の上海で使われているので、中国語として勉強している方も多いです。しかし標準語とは文法や発音がかなり違うので、標準語と上海語では会話が全く通じません。両方の言語を学ぶ事は、全く違う言語を学ぶ事と同じなのです。

代表的な言語をご紹介しましたが、中国語にはその他にも50あまり(一説には数百)の言語が存在します。中国語の難しい所はやはり発音です。音の高低やアクセントの付け方で、意味が全く異なってきます。その点、当学院の講師は全員、研修で正しい発音と指導法を身に付けたネイティブ講師。ですから発音を重視した実践的なレッスンが受けられます。大阪市で中国語教室を探すなら、ぜひ本町で開校している当学院をご利用ください。


ビジネスマンにぴったりのマンツーマンレッスンや、まるで国内留学の「本科」、給付金対象の講座などもあります。特に本科は短期で集中的に学習できるので、留学を考えている人にお勧め。留学前に発音と文法の基礎をしっかり身につけておけば、現地でより高いレベルの中国語を学べます。留学のお手伝いもしていますので、 まずはお気軽にお問い合わせ下さい。



本科概要 企業のお客様 WEBレッスン 翻訳通訳 学割 HSk認定講座 文法相談室 学院だより 講師募集 リンク集 中国語あれこれ ブログ facebook facebook