中国語をマスターするコツ

日本の貿易は、以前はアメリカが圧倒的に多かったのですが、近年では中国の経済レベルの発展が著しく、日中関係での取引も増えてきました。また、日本へ訪れる中国人の観光客も増加傾向にありますので、中国人に向けて発信する商品やサービスも考えていく必要があると思います。


その為、日本の企業でも、中国語を話せる人の需要が高まっています。そこで、今から中国語を習得したい、HRS検定などの中国語の資格を取得したいという方のために、中国語会話力を高めるコツをご紹介いたします。

中国語会話とマスターするコツ

バランスよく学ぶ

言語を勉強する時には、「聞く・話す・読む・書く」の4つをバランスよく身に付けることが大切です。というのも、これらは互いに深く関係し合っているからです。ですから、それぞれがバランスよく高ければ、それぞれの能力を十分発揮でき、更に伸ばすのにも非常に有利ですし、バランスが悪ければ、その逆の事が起こります。日本人によくある「聞く・話す」能力の低さが、本来有利な「読む・書く」の力を伸ばす邪魔をしているのはその典型です。


他にも、手っ取り早く「聞く・話す」を伸ばそうと「ブロークン中国語」を話し続けた結果、簡単な文ですら正しく話せないままの人もたくさんいます。また、中国語の発音の重要性を軽く見ていたため会話が通じず、せっかく覚えた単語も文法も無駄になってしまっている人など、例を挙げるときりがありません。特に中国語の発音は難しいので、適切な指導なしに「通じる中国語」を話せる人はほんのわずかです。ですから、バランスの良い学習の重要性を、しっかりと認識した講師にレッスンを受けることが重要です。

発音力を高める

語学学習をする多くの人が学びたいのが、会話を聞き、話すことのできる中国語会話力です。話す力をアップさせるためには、正しい発音で文章を繰り返し朗読するのが効果的。話す力がアップすれば、中国語を聞く力も自然とアップします。


ここで問題になるのが中国語の発音の難しさです。発音を難しくしている大きな原因は「声調」を呼ばれる4種類の声の調子です。これをしっかりと区別して使い分けることが、中国語の発音の基礎を身に付けるコツです。声調を正しく使えれば、たとえ巻き舌音が多少下手でも、ちゃんと意味が通じるようになります。声調が違うと意味が変わることをきちんと認識し、まずは正しい声調を身に付けることから始めると良いでしょう。

このように中国語学習で何が重要かをきちんと理解し、指導できる講師から中国語レッスンを受けることは非常に大切で、結果的に時間や労力を節約することにつながります。大阪の本町にある当学院では、本気で中国語をマスターしたいという人のために、2~3人のセミプライベートコースやマンツーマンの指導なども行っています。無料体験コースも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。



本科概要 企業のお客様 WEBレッスン 翻訳通訳 学割 HSk認定講座 文法相談室 学院だより 講師募集 リンク集 中国語あれこれ ブログ facebook facebook