HSKの難易度と傾向

HSKは、世界中で通用する中国語検定です。
世界的にも認められている資格になりますので、これから中国語を武器に活躍したいという方は、ぜひ受験しておくことをおすすめします。
こちらでは、級別に詳しくご説明します。
受験される方は、ぜひご確認下さい。

難易度(低)

基本的な日常会話を話すことができるレベル

1級
語彙数は150語程度で、簡単なフレーズや単語を理解しており、普段から学習に取り組んでいる方は合格できます。

2級
語彙数は300語程度で、初級者の中でも優秀なレベルに達しており、日常会話を話すことができれば問題ありません。


難易度(中)

ある程度学習した方向けの試験。中国語を母国語とする方たちとも、比較的スムーズに会話ができるレベル

3級
語彙数は600語程度で、生活や学習、仕事など多くの場面で、コミュニケーションを成り立たせることができます。
また、中国へ旅行に行く際も、一般的なシチュエーションにはほぼ対応できるレベルです。

4級
語彙数は1200語程度で、3級の600語と比較して一気に増え、広範囲の話題について会話が成立するようになります。


難易度(高)

日常会話の上を目指す方向けの試験。中国語全般に関して高い能力を持っており、自分の意見を表現することができるレベル

5級
語彙数は2500語程度で、中国のテレビ番組や新聞、雑誌などから情報を得ることができます。
出題される文法や言い回しも複雑になり、通常の日常会話の範囲では対応できなくなります。言わば、中国語の「国語力」を高めるための学習が必要になってきますので、しかるべき教材としっかりした指導者の下で、対策を立てて学習しましょう。

6級
語彙数は5000語以上にもなり、HSKでは最も難しい試験になります。
中国語においては、かなり不自由のないであり、この試験に合格することができる人は、大きな問題を感じることはないでしょう。
新聞や雑誌等の報道物から、小説や評論、科学読本に至るまで、様々な内容が試験に出てきます。語彙力、読解力はもちろん、言い回しや成語、構文能力など、総合的に高めながら学習しましょう。

当学院では、検定試験を受験する方を対象に、中国語検定対策講座およびHSK対策講座を開いております。
マンツーマンでご指導いたしますので、分からないことがあれば納得できるまでご質問下さい。
スタッフ一同、受験者の皆様が合格できるようにサポートしてまいります。



本科概要 企業のお客様 WEBレッスン 翻訳通訳 学割 HSk認定講座 文法相談室 学院だより 講師募集 リンク集 中国語あれこれ ブログ facebook facebook