受講生の声

1.和田恒典様

和田さんは写真が好きで、大学で映像関係を学ぶと、卒業後は、シベリア鉄道でヨーロッパへ。ヨーローッパを全部回った後、「アフリカは若い時でないと無理!」と、野宿をしながらサハラ砂漠やジャングルを越えてケニアへ行き、1年間仕事をしながら滞在!という驚きの経歴の持ち主です。現在は「交通も食べ物もあるから」と後に残しておいた中国や台湾へ、2~3ヵ月に1回のペースで旅行されているそう。

和田 恒典 さん

コース:プライベートコース
中国の好きな文化など:京劇、映画
行きたい都市:敦煌[Dūnhuáng]

Q:どうして中国語の勉強を始められたのですか?
A:初めて中国に行ったのが21、22年前やけど、英語は全然通じへんし、ホテルに泊まるときも押金[yājīn](前金)が何かも分からん。言葉も習慣も全然分からへんかったのが衝撃で、カルチャーショックを受けたんです。それからずっと習いたいと思ってたけども、踏ん切りがついたのが、10年半前にチベットを旅行した時です。色んな問題のある所ですけど、そういう人達としゃべったら何か色々と分かるかなと思って始めました。中国語を始めて4年で、1年に1ヶ月く近く中国語圏にいる計算になるけど中国語は全然やね(笑)。

Q:なぜこの教室を選ばれたんですか?
A:前勤めてた会社が近くにあったんですよ(笑)。無料体験を受けて、李校長に発音のこととか、実際に旅行に行ったとして、向こうの言ってることは分からなくても、ちゃんとした発音をしたら、こちらの意思は伝わりますよと話してもらって、こちらに来た感じですね。

Q:実際に授業を受けて、ご満足頂いていますか?こういう所が良いと思っているというのがあれば…。
A:はい、だから4年も続いてるわけですよね(笑)。やっぱり発音をきっちりと指導してもらえる所が良いですよね。

Q:普段の勉強でこういうのに気を付けてますとかがあれば教えて下さい。
A:漢字を見たら中国語読みするのは癖にはなってるね。だから反対に日本語でたまに読めなかったりするのもあるね(笑)。あと、仕事で字を書くときに簡体字で書いてしまったり。家では、CD聞くようにと言ってもらってるんですけど、あんまりできてないのが実際で…。ただ、聞くときは意識して、集中してやろうとしてます。あと、書く方は、日記みたいな形で、週1、2回来るときにできるだけ書こうとしています。趣味で勉強しているので、例えば中国の映画とか、疑問に思ったことは授業で質問させてもらって。楽しみながらというのが長く続けられてる秘訣かな。

Q:他に何かご意見はありますか?
A:いつも2月の餃子パーティーから始まって、弁論大会や忘年会とか、イベントには年間通して楽しく参加させてもらってるけど、来る人は結構決まってるよね。もっとたくさんいろんな人に出会えたらなとは思う。

2.菱田高弘様

見るからにエリートビジネスマンの風貌と話し方の菱田さんは、特許事務所にお勤めの弁理士で、仕事柄中国とのかかわりも多いそうです。何にでも積極的に取り組む努力家で、授業教材や宿題もしっかり予復習する上に、「NHKワールド」のサイトで中国語ニュースを毎日聞いているとのこと。また、いつもしゃんと背筋を伸ばした姿勢は、見る方にも爽快さを感じさせます。聞けば、長年競泳をされていて、現在でも記録会に出ているとか。
物静かなようでいて、常に内なる闘志を持っておられる菱田さんへのインタヴューです!

菱田 高弘 さん

コース:プライベートコース
中国の好きな文化など:中国映画をよく観る
好きな中国の都市:上海[Shànghǎi]

Q:中国語の勉強を始めたきっかけは?
A:近年中国への特許出願件数が非常に増えています。中国の弁理士はとても意欲的で、日本語もしっかりと勉強されている方が多く、そのパワーにはびっくりです。現時点では中国語を話せなくても仕事はできるのですが、本当に中国の特許制度を理解し、人脈を広げるには、それでは足りない部分が沢山あります。私は今後中国でしっかりと実務研修をするためには、やはり現地の言葉で、現地の人とコミュニケーションする必要があると考えました。また、今後は中国企業が日本へ特許出願することも増えると思います。どちらでも中国語は役に立ちます。

Q:中国語学習に対してどのような印象をお持ちでしたか?
A:中国語と日本語どちらも漢字を使うので、漢字を見れば意味は比較的容易に理解できますが、発音がとても難しいと思いました。特に中国の方と商談の際には、彼らの話すスピードはとても早いですし、発音を聞き取るのは大変です。そんな時、中国語学習は難しいなと感じていましたね。

Q:ここまで中国語が上達された原因は何だと思いますか?
A:流暢に話せるようになりたいという目標をずっと持ち続けていたことと、習い始めた頃より更に楽しいと感じているからでしょうね。それが中国語学習の原動力になっています。

Q:学院に対するご意見、ご感想、ご希望など?
A:プライベートレッスンはしっかり指導してもらえるし、特に発音をしっかりやってくれるのはとても心強いです。ただ、普段は他の受講生との交流がないので、先日の餃子パーティのようなイベントはとても有難いです。意見としては、黒板の使い方が講師によって違う場合があるので、改善を期待します。ノートはしっかり取っていきたいですからね。

ページ上部へ戻る