実用中国語学院のオリジナル教材

・オリジナル教材開発の経緯

教材には様々なものがありますが、大学や語学教室でよく使われているのは、中国の大学や出版社が出版した教材です。中でも有名なのは「北京語言大学」が発行したシリーズです。中国のどの大学へ留学しても、9割がたは北京語言大学の教材を使用していることからも、その品質には大きな信用が寄せられています。

当教室でも北京語言大学の教材を一部使用しています。しかし、最も重要な基礎教材には、当教室が独自で開発したオリジナル教材を使用しています。このように、独自で開発した教材使用している教室はごく少数です。それは、制作に膨大な時間と労力がかかるからですが、では、なぜこんなに手間をかけてまで独自教材を開発したのでしょうか?

それは、基礎学習こそ最も重要であり、その重要な基礎学習にこそ当教室の独自メソッドを体現すべきだと考えるからです。これほど重要な教材を、他者が作った教材で代用するということでは、独自のメソッドが実践されているとは言えないでしょう。

 

・一般的な教材ではなぜ上達しないか?

日本の中国語学習でよく使用される一般的な教材では、翻訳して学習することが普通で学習する文法の難易度を上げることに主眼が置かれ、このためすぐに文法的なアップデートが行われていきます。簡単な文型をまだ使いこなせてもいないうちに、文法をどんどん勉強していっても、結局は使える中国語になりません。

実は、一般的な教材のこのような弊害は、かなり以前から指摘され続けています。それなのに一般販売されている教材は、なぜこのような弊害があると知りながらも、ずっと同じような物ばかりを出版し続けるのでしょうか?

それは、書店で販売して利益を出すためです。それには、できるだけ少ないページ数に、できるだけ多くの文法解説を詰め込む必要があります。そのために、パラパラとほんの少しページをめくっただけで、一気に文法や単語がレベルアップされていくのです。書店では「この教材にはこんなにたくさんの内容が入っている」というアピールがないと、なかなか買ってもらえないかも知れません。

では、そのような教材を使って勉強すると話せるようになるのでしょうか?答えはもちろん「No」です。たくさんの文法を知っていることが、実際にそれを使えることにはならないからです。また、翻訳しながらの学習を前提にしているこれらの教材では、すぐに難しい文法が出て来て、より高いレベルの文章を理解することに主眼が置かれますが、学習者は、実際には基本的な文法も使いこなせていないため、結局は役に立たないのです。

 

・当教室オリジナル教材は実用性第一

では、一般販売されている教材の多くが、実用性よりも売ることを重視する中にあって、当教室のオリジナル教材はなぜ実用性を保つことができるのでしょうか?

その大きな理由は「書店で販売して利益を出す必要がない」からです。「売れるか」ではなく、「実際に役立つか」だけを追求できることで、当教室のオリジナル教材は最も学習者にとって理想的な構成にすることが可能なのです。

では、以下でその構成をご紹介いたします。

当教室のオリジナル教材は、「基礎1」シリーズと「基礎2」シリーズに分けられています。<童話シリーズこちら

「基礎1」シリーズでは、できるだけ単純な基本文型を中心にして、先ずはそれを使いこなすための繰り返し練習を最大の目的にしています。「最も単純な文型をまずは使えるようにする」という、当教室が実践する「実用メソッド」の基本がここにも体現されています。

 

 

一方、「基礎2」シリーズでは、「基礎1」で使えるようになった基本文型を、一つ一つ発展させながら、同時に、使えるように繰り返し練習していきます。ここはいわば基本文型を応用していく段階ですが、同時に最も多くの学習者が不得手としているところでもあります。それはまだ基本文型をまだ使いこなせていない状態でこの段階に進むからです。しかし、当教室では基本文型を使えるようになってから本格的に発展させていくので、なぜこのように使うのか、こ のように言いたいときはどうするか、を理解しながら練習することができるのです。

 

・HSK4級、中検3級までをカバーするボリューム

当教室オリジナル教材には「基礎」という名前がついています。「基礎」と聞くと、初歩的なカタコトのイメージを持つ人も少なくありませんが、実際は大きく違います。これは、この先中国語を大きく発展させていく上で、全ての基礎となる内容であるという意味です。

 「基礎1」では、「誰が、いつ、どこで、どうやって、何をする」という基本文型を使いこなすための様々な用法を習得していきます。全30課の中で、たくさんの場面と用例を徹底的に練習し、マスターするための工夫がなされています。基本文型は多くの人が気付かないままに、簡単だと思ってスルーしてしまっているところですが、実はその基本文型だけでここまで多くの表現ができることを、「基礎1」の教材を通じて知って頂くことができます。

 「基礎2」では、大多数の学習者が苦手とする「了」や、難解と言われる6種類の補語を含む、中国語の応用的表現に欠かせない用法のほとんどを、順を追って分かりやすく理解しながら習得していきます。特にこの「基礎2」で学習する文型構造は、中級や高級レベルでも、最も多用される表現ばかりですから、いかに重要であるかが分かります。

 

「基礎1」の単語数は約500、「基礎2」では800以上に上り、更に入れ替え練習などで使われる物まで含めて、2000を超える単語数を習得していきます。これは、HSK4級や中検3級の合格目安と言われる1200~1500前後をゆうに上回っているのです。

・中国語で話せるようになるための仕組み

当教室のオリジナル教材が優れているのは、それ自身の構成が実用的であり、かつ豊富な内容を持つこと以外に、「リスニングワールド」とリンクして、膨大な量の例文を繰り返し読み、聞くことができる点にあります。

>>当教室が開発した画期的なリスニング教材「リスニングワールド」の詳細はこちら

これまでの教材は、例えどんなに内容を工夫していても、リスニングの練習には決定的な欠点がありました。例文の量が致命的に足りないのです。

しかし、「リスニングワールド」には、10万点を超えるリスニングの例文があり、「基礎1」と「基礎2」の全ての注釈や重点表現が圧倒的な量のリスニング練習を可能にしているのです。

 

・豆知識もいっぱい

当教室のオリジナル教材には、豊富な単語や文型だけでなく、「へぇー」「なるほど」と言ってみたくなるような豆知識も多数収録されています。 豆知識には、中国語学習に役立つ知識や関連するこぼれ話、そして中国の食や習慣、ファッションなど、各方面にわたる多岐多様のトピックがあり、学習を進めながら、様々な情報に接することができます。

ページ上部へ戻る