受講生の声 菱田高弘様

見るからにエリートビジネスマンの風貌と話し方の菱田さんは、特許事務所にお勤めの弁理士で、仕事柄中国とのかかわりも多いそうです。何にでも積極的に取り組む努力家で、授業教材や宿題もしっかり予復習する上に、「NHKワールド」のサイトで中国語ニュースを毎日聞いているとのこと。また、いつもしゃんと背筋を伸ばした姿勢は、見る方にも爽快さを感じさせます。聞けば、長年競泳をされていて、現在でも記録会に出ているとか。
物静かなようでいて、常に内なる闘志を持っておられる菱田さんへのインタヴューです!


菱田 高弘 さん

コース:プライベートコース
中国の好きな文化など:中国映画をよく観る
行きたい都市:上海[Shànghǎi]

 

Q:中国語の勉強を始めたきっかけは?
A:近年中国への特許出願件数が非常に増えています。中国の弁理士はとても意欲的で、日本語もしっかりと勉強されている方が多く、そのパワーにはびっくりです。現時点では中国語を話せなくても仕事はできるのですが、本当に中国の特許制度を理解し、人脈を広げるには、それでは足りない部分が沢山あります。私は今後中国でしっかりと実務研修をするためには、やはり現地の言葉で、現地の人とコミュニケーションする必要があると考えました。また、今後は中国企業が日本へ特許出願することも増えると思います。どちらでも中国語は役に立ちます。

Q:中国語学習に対してどのような印象をお持ちでしたか?
A:中国語と日本語どちらも漢字を使うので、漢字を見れば意味は比較的容易に理解できますが、発音がとても難しいと思いました。特に中国の方と商談の際には、彼らの話すスピードはとても早いですし、発音を聞き取るのは大変です。そんな時、中国語学習は難しいなと感じていましたね。

Q:ここまで中国語が上達された原因は何だと思いますか?
A:流暢に話せるようになりたいという目標をずっと持ち続けていたことと、習い始めた頃より更に楽しいと感じているからでしょうね。それが中国語学習の原動力になっています。

Q:学院に対するご意見、ご感想、ご希望など?
A:プライベートレッスンはしっかり指導してもらえるし、特に発音をしっかりやってくれるのはとても心強いです。ただ、普段は他の受講生との交流がないので、先日の餃子パーティのようなイベントはとても有難いです。意見としては、黒板の使い方が講師によって違う場合があるので、改善を期待します。ノートはしっかり取っていきたいですからね。

ページ上部へ戻る