BLOG

夜行列車が好きな方は中国を旅してみてはいかがでしょうか。

今はコロナの影響で行動が制限されていますが、落ち着いたら旅に出たいとお考えの方も多いと思います。

皆さんはどんな「旅」がお好きでしょうか。

私は夜行列車に乗ってのんびりと旅をするのが好きで、昔は北海道から九州まで日本中を夜行列車で移動していました。

真夜中に見える家の明かりを見るたびに「ここも誰かの故郷なんだな」と思うと、旅情を掻き立てられたものです。

しかし平成以降、採算性や効率性、また速達性などが重視されるようになり、日本の夜行列車は次々と廃止されていきました。

現在残っているのは東京から高松と出雲を結ぶ便のみで、これもあとどのくらい運行されるか微妙な状態となっています。

夜行列車が好きな身としては大変寂しい思いをしているところです。

JRには是非とも夜行列車を復活して欲しいですが、採算性を考えるとなかなか厳しい気がしています。

もし私と同じく夜行列車が好きという方は中国を旅してみるのはいかがでしょうか。

中国は高速鉄道網が発展していますが、夜行列車の需要も高く、最長で5,000Km以上走る列車もあるそうです。

試しに上海から深圳北までの時刻を検索してみたところ、19時以降から夜行列車が続々と運行されていることがわかります。
夜行列車好きからすると、なんとも羨ましい限りです。

車内の状況はと言いますと、例えばデラックススリーパーはベッドとテーブル、ちょっと豪華な椅子が備わっており、快適な旅ができそうな感じです。

これでお値段は1490元(約26,000円)なので少し高めな気もしますが、リクライニング席なら490円(約8,500円)から乗ることができます。

夜行列車がお好きな方は中国を旅してみてはいかがでしょうか。

景色は違えど、古き良き日本の夜行列車を思い出させてくれるかもしれませんよ。

関連記事

ページ上部へ戻る