• BLOG

    1. 中国語のリスニング学習に超お得な教材「リスニングワールド」

      皆さんは中国語のリスニング学習をする際、どのような教材をお使いでしょうか?多くの方は市販のCDやDVD、専用アプリなどをお使いだと思います。試しにアマゾンで中国語のリスニング教材を確認してみますと、3,000円前後の価格帯が最も多く、高いものでは1万円近くするものもありました。

      続きを読む
    2. 中国に空前のスイーツブーム到来

      今年に入り、中国では新種のスイーツが爆発的な人気を呼んでいます。中国の機関紙「人民日報」によると、ココアパウダーがたっぷりかかったパンや胡麻を使ったクッキーやタルトを販売する店には連日お客が押し寄せ、購入まで7時間半も待たされることもあるそうです。

      続きを読む
    3. 年間の映画制作本数世界一の国はどこ?

      皆さんは映画はお好きでしょうか?私は映画館に通うほどではないものの、面白そうな映画があれば、休日にまとめて見ています。

      続きを読む
    4. 中国で新規参入する余地は残されているのか?

      中国は世界一人口が多い国であることは皆さんご存知だと思います。2022時点で約14億人以上、日本の11倍強になります。人口が多い=消費者が多いため、商売人にとって中国は大変魅力的な市場です。

      続きを読む
    5. 当学院の「本科生」なら1年の努力で魅力ある求人を手にできます。

      新年度がスタートして求人情報も大きく更新されました。仕事柄、最新の求人状況をいつもチェックしているのですが、今月は今まで以上に中国語能力を求めるものが増えています。

      続きを読む
    6. 中国語の習得はロボットの世界を目指す方にも有用です。

      現在、日本科学未来館(東京都江東区)で「きみとロボット」展が開催されています。人間タイプ、動物タイプに加え、デジタルの世界にいて現実の体がないものなど、さまざまなタイプのロボットが展示されています。人に代わって働くものもあれば、コミュニケーションが得意なロボットまでいます。

      続きを読む
    7. 中国語学習のサブスク「リスニングワールド」は月1000円で使い放題です!

      私はコーヒーが大好きで、毎朝職場近くのコンビニで購入してから出勤しています。さらにランチで購入し、飲み足りない時は夕方に追加で買いに行くこともあります。これだけ飲むなら自分でドリップした方が良いのですが、衛生面や手軽さなどから、ついコンビニを利用してしまいます。

      続きを読む
    8. 中国語を習得して他者との差別化を図りましょう。

      北京オリンピックが閉会してから1か月が経ちますが、開会式と閉会式が行われた国家体育館(通称:鳥の巣)は、誰が設計したかご存知でしょうか?答えは中国出身の艾未未さんです。

      続きを読む
    9. 中国語能力の向上に報奨金を出す企業が増えています

      先日、出版やゲーム、教育事業などを展開するKADOKAWAが、従業員の資格取得に最大100万円の報奨金を出す制度をスタートさせました。対象となる資格はITストラテジスト試験や弁護士などの難関資格に加え、語学試験も含まれており、もちろん中国語も対象となっています。

      続きを読む
    10. 中国語を習得して先行者利益を狙ってみませんか

      今日は何事も早くから取り組んだ方が有利になる話をしたいと思います。時代が進むにつれて新しいビジネスが次々と生まれてきます。例えば今では誰しも当たり前に使っているYouTubeは、2005年にサービスを開始してからまだ20年も経っていません。

      続きを読む
    ページ上部へ戻る