多い

  1. 有効求人倍率は低水準ながら中国語ができる人材の募集は好調です。

    先日、独立行政法人 労働政策研究研修機構が最新の有効求人倍率を発表しました。それによりますと、2021年7月の有効求人倍率は全国平均で1.15。コロナで自粛が続いていた2020年よりは若干改善したものの、まだまだ低い状況が続いています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る