BLOG

中国は世界トップクラスの宇宙大国になる

子供の頃、将来は「宇宙」に関係する仕事に就きたいと思われたことはないでしょうか。

SF映画やスペースシャトルの打ち上げなどを見て、宇宙に憧れを持つ方も少なくないと思います。

ZOZOの創業者である前澤氏もその一人で、50億円もの搭乗料を支払って、ロシアのソユーズで宇宙に行くそうです。

凄いですね。

宇宙と聞くと、アメリカもしくはロシアの独占場で、他国は技術的に及ばないイメージがないでしょうか?

実際、日本は世界で初めて宇宙飛行に成功したガガーリンの帰還から60年以上経った今でも有人飛行を実現できていません。

しかしこの2大国に割って入る国があります。

それが中国です。

中国は2003年に初の有人飛行を成功させて以来、宇宙技術が飛躍的に向上しています。

さらに2018年以降はロケットの打ち上げ数が世界一となり、アメリカの1.5倍にもなっています。

出典:宇畑(sorabatake:https://sorabatake.jp/9536/)

今後中国は世界トッププラスの宇宙大国になることは間違いないでしょう。

つまり宇宙を目指すなら、アメリカやロシアではなく、中国に注目することが重要という訳です。

日本がアメリカのスペースシャトルに乗せてもらうのと違って、中国は自前のロケットですから、訓練や地上の宇宙センターとのやり取りは中国語で行われます。

そのため将来、宇宙関連の仕事に就きたい方は高いレベルの中国語が必須になると思います。

当学院は中国語専門教室として30年近い歴史を持っています。

是非当学院で中国語を習得いただき、宇宙の夢を追いかけてください。

授業は格安のネット教室と異なり、厳しい研修を受けたレベルの高い講師が担当します。

無料の体験授業もご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る