BLOG

中国の姉妹都市訪問に補助金が出る自治体もあります。

皆さんはお住まいの自治体が、海外のどの自治体と姉妹都市を結んでいるかご存知でしょうか?

例えば学院のある大阪市では、中国の上海、ブラジルのサンパウロ、アメリカのシカゴなど、世界7都市と姉妹都市提携を行っています。

姉妹都市とは、文化交流や親善を目的として、結びつきをもつ都市と都市のことを言います。

自治体によっては友好都市や国際友好都市などと呼ぶところもありますが、どれも姉妹都市と位置づけは同じです。

姉妹都市になると交換留学をしたり、お互いの文化を紹介し合ったりと、国際交流が盛んに行われます。

中でも中国との姉妹都市数はとても多く、2022年時点で300以上の自治体と提携しています。

詳しくは以下のリンク先に一覧表がありますのでご参照ください。
http://www.clair.or.jp/j/exchange/shimai/countries/detail/13

で、ここからが本題です。(まだ本題じゃなかったんかい👊👊・笑)

姉妹都市に訪問する際、なんと!補助金を出してくれる自治体があるんです。

例えば秋田県の「にかほ市」は浙江省の諸曁市と姉妹都市提携しており、ここに訪問する際、旅費の4分の1を補助してくれます。
(対象:市内在住の高校生以上、4万円を上限として旅費の4分の1を補助)

訪問後に簡単なレポートを出す必要があるものの、これはぜひ利用したいですよね。
しかも一度利用しても、2年あけばまた利用できるそうです。

また静岡県富士市では浙江省の嘉興市と姉妹都市提携しており、一人2万円を上限に補助してくれます。

いずれも教育や文化、スポーツを通じた交流事業が前提になりますが、該当するなら使わない手はないと思います。

今はコロナの影響でなかなか海外へ行くのは難しいですが、
終息後したら補助金制度を利用して、中国の姉妹都市と交流を図ってみるのも面白そうですね。

それまでは是非当学院で中国語を習得してください。

当学院はオンラインレッスンもありますので、全国どこにお住まいでも受講OK。
しっかりと研修を受講した質の高い講師が、皆様の中国語能力をレベルアップいたします。

無料体験レッスンもありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

一緒に頑張りましょう!

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る