BLOG

中国は車の自動運転技術でも世界をリードしています。

先日、当ブログで日本の物流大手が中国のEVトラック(電気自動車)を1万台導入する話題をご紹介しました。

日本の大手物流企業が中国のEV車を1万台導入!

EUでは2035年にもガソリン車の新車販売が禁止されるなど、世界的に脱炭酸化の流れが進んでいる一方で、国内で積極的に開発している自動車会社がないこともあり、中国からの導入に至ったそうです。

さらに中国では自動運転技術でも世界をリードしているのをご存知でしょうか。

現在、北京や上海など5都市で、すでに自動運転タクシーが実用化されており、2021年7~9月期の利用回数は11万5000回にも達したそうです。

中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は、2030年までに自動運転タクシーを合計100都市で展開する方針を打ち出しており、自動車関連事業をネット広告に次ぐ収益源に育成する計画を打ち出しました。

自動運転はまだまだ先の話と思いきや、すでに実用化され、今後10年以内に100都市に展開するとは、中国のスピードと行動力には改めて驚かされます。

他にも地方政府と協力し、人工知能(AI)などを駆使して都市部の渋滞を緩和する交通ソリューションを広げる計画があるなど、中国の交通技術は飛躍的に発展しそうな様相です。

2004年に公開されたアイ・ロボットという映画で、主役のウィル・スミスがアウディを自動運転で乗っている際に「人が運転することは危険」というセリフがあったのを覚えている方も多いと思います。

まさにその時代が中国で訪れようとしています。

もしこの分野で働きたい、経験を積みたいとお考えなら中国で働いてみるのも良いかと思います。

となれば中国語は必須となりますので、今から学習を始めてみてはいかがでしょうか。
当学院は皆様の夢を叶える縁の下の力持ちとして、大阪で30年近い歴史がある中国語専門教室です。

通学授業に加えてWEBレッスンもご用意していますので、遠方にお住まいの方でも当学院の高品質な授業を受けていただくことができます。

今日はこのブログをご覧の方だけに特別なクーポンをご用意しました。

コード:JT12
特典内容:入学金半額
使用期限:2021年12月末まで

無料体験レッスンもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ご連絡お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る