BLOG

外国人観光客の受け入れ再開で中国語の需要もUP!

政府は6月10日から、まずは添乗員付きツアー限定で外国人観光客の受け入れを再開すると発表しました。

コロナが蔓延して以降、外国人観光客はゼロの状態でしたので、久しぶりに賑やかな街が戻ってきそうですね。

受け入れ再開の発表を受けて、早速日本向けのツアーが売り出されているのですが、いきなり売り切れ続出の大人気になっているそうです。

例えばタイでは日本は人気ナンバーワンの旅行先になっており、毎日問い合わせの電話がかかっているとか。

またお隣の韓国でも日本旅行を待ちわびる人が多く、先月発売された大阪行のパッケージツアーが、販売から2時間で売り切れたそうです。

そして中国は上海のロックダウンの影響が残っているものの、コロナで自粛が続いた反動で、以前にも増して多くの方が訪日するのではと見られています。

これを受けて、ホテルや飲食店、お土産店などでは中国語が話せる人材の募集が積極的に行われています。
少し検索するだけでも、出るわ出るわ(笑)

これからはAIに仕事を奪われる、ロボットが人間の代わりになるといった話もよく聞きますが、どこ吹く風状態。

中国語が必要とされる場面は今後さらに増えていくでしょう。

でも今から学び始めたとしても習得するまでに時間がかかるから、積極求人の恩恵は受けられないのではとお考えの方もいらっしゃると思います。

当学院は中国語専門教室として30年近い歴史があるため、指導ノウハウも豊富に蓄積しています。
そのため積極的に学んでいただければ、本科生なら最短半年、通常コースでも頑張って学習すれば1〜2年ほどで会話ができるようになります。

コロナの影響もまだ残っていますので、訪日外国人数が完全に回復するまでには2年以上の時間がかかると思います。
つまり、今から始めても十分間に合います。

是非当学院で一緒に学びましょう。

学習を始めるかどうかお悩みの方には、無料体験レッスンもご用意しています。
遠方にお住まいの方にはWEBレッスンもありますので、お気軽にご連絡ください。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る