中国語

  1. 中国語ができる日本のスポーツ選手と芸能人(女性編)

    最近はスポーツ選手や芸能人でも中国語を話せる方が増えています。インタビューや舞台挨拶などを見ると、しっかりと学習されてきたことがわかります。皆さんもご存知の方ばかりなので、目標の人にしてみるのも良いかもしれませんね。

    続きを読む
  2. コロナ禍でも中国でビジネスを積極的に展開する日本企業

    日本企業が中国へ本格的に進出を始めたのは今から40年以上前の1980年頃。それから大手中心に続々と進出し、2020年時点で13,000社もの日本企業が中国でビジネスをしています。まさかこれほどまで多いとは私自身も大変驚いています。

    続きを読む
  3. コロナ後の航空需要と観光需要は?中国語を習得して回復の波に乗ろう。

    国際航空運送協会(IATA)が、世界の乗客予測を発表しました。それによると2021年の旅客数は2020年比で62%増と見込まれており、コロナの影響でどん底だった航空需要も徐々に回復傾向にあるようです。

    続きを読む
  4. お金持ちになりたいですか?先行投資の有無が人生を左右します。

    皆さんは、将来「お金持ちになりたいか?」と聞かれたら、何とお答えになるでしょうか?恐らく、多くの人が”YES”と回答されると思います。もし「人生はお金ではない」との思いから、"NO"と答えた場合でも、最低限の生活費は必要です。

    続きを読む
  5. 2030年までに49%の仕事が消滅。生き残るために必要なスキルとは?

    2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らによって発表された論文では、20年後までに人類の仕事の約50%が人工知能ないしは機械によって代替されると予測しました。また野村総研も2030年までに、日本人の仕事の49%が消滅するという見通しを公表しています。

    続きを読む
  6. 中国語教室は総コストで選びましょう。

    皆さんは支出をする際に「総コスト」を意識されていますか?総コストとは「あれもこれも含めた、それを始めてから終わるまでにかかる費用の総額」のことです。生活していると支出する機会はたくさんありますが、つい目先の金額だけで行動してしまうことがあります。

    続きを読む
  7. 当学院の「本科コース」は中国語を学ぶのではなく中国語で学ぶコースです。

    你好!先週の土曜は、新月でした。月が隠れていたので、たくさんの星が見えていました^^もう空では春の星座に変わる季節ですので、傾いた北斗七星や、オリオン座を見る事ができましたよ~★皆さんもたまには夜空を見上げてみてください。

    続きを読む
  8. 中国語の通訳案内士を目指す貴方をサポートします。

    将来就く職業をお考え中の方や新たな仕事をお探し中の方、また旅行分野に関心がある方は「全国通訳案内士」を目指してみてはいかがでしょうか。全国通訳案内士とは国土交通省認定の国家資格で、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語で旅行案内をする通訳のスペシャリストです。

    続きを読む
  9. 翻訳も当学院にお任せください。プロの講師が担当いたします。

    企画書や提案書、パンフレットなど、中国向けに資料を作成するときは、外部に翻訳を依頼されるケースがあると思います。最近は翻訳ソフトの精度が高くなってきたとは言え、大事な資料の翻訳はプロに依頼したいとお考えの企業様も多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  10. 「自分に投資」して将来に渡ってリターンを得ましょう。

    先ごろ日経平均が約30年ぶりに3万円を突破し、業種問わず好調な株価が続いています。コロナ直後に大幅に落ち込んだ株価と比較すると2倍以上になった銘柄も少なくありません。こうなると誰しも「あの時投資しておけば良かった」と思うものですが、今となってはあとの祭りです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る