中国語

  1. 今から中国語を習得すると商機の波に乗れるかも!?

    新型コロナウィルスの変異株である「オミクロン」の懸念が広がりつつありますが、国内は徐々に人の流れが復活してきました。場所によってはコロナ前と大差がないほど混雑しているところもあります。それに伴い、企業活動も活発化し始め、新たな出店計画など明るい話題も聞こえてきます。

    続きを読む
  2. 自宅にいながら学べるWEBレッスンとリスニングワールド

    先週、紅白歌合戦の出演者が発表されましたね。紅白歌合戦と言えば大晦日の定番で、毎年有名歌手がたくさん出演する人気番組です。昨年(2020年)は、コロナ禍の影響で自宅に止まる人が多かったため、視聴率は40%台にもなったそうです。

    続きを読む
  3. 中国語学習のサブスク「リスニングワールド」

    今週、東急が系列のホテルを30泊あたり月に22万円で利用できるサブスクの販売を始めました。東急ホテルはそこそこ高級で、且つ立地が良いため、通常料金は1泊数万円以上します。それが定額で泊まり放題とあって、第一弾の販売では、定員の9倍を超える購入希望があったとのことです。

    続きを読む
  4. 日本と中国の年賀状の違いとは。来年は中国風の年賀状を書いてみよう。

    早くもコンビニの雑誌コーナーに「ラクラク年賀状」などの雑誌が並びはじめましたね。つい先日2021年が始まったと思ったら、もう年末。歳をとるのも早い訳です(笑)この年賀状ですが、中国でも同じ習慣があります。但し、日本と違い中国は旧正月=春節が正月の本番になります。

    続きを読む
  5. 通勤時間はリスニングワールドで中国語をレベルアップ!

    総務省統計局が発表した資料によると、日本の平均通勤時間は往復で1時間19分だそうです。これは日本全国の平均ですので、都市部ではもっと長い時間をかけて通勤している方も多いと思います。この通勤時間ですが、皆さんは何をしてお過ごしでしょうか。

    続きを読む
  6. 世界の動きはスピーディー。流れに乗り遅れるな。

    コロナの第5波が落ち着いてきたことから「Gotoトラベル再開」というニュースも流れ始めましたね。今、まさに経済が好転し始めています。だからこそこのページを見て下さっている皆様には、これからを見据えて欲しいと思っています。

    続きを読む
  7. セルフメンテナンスには薬膳が有効です

    今日の話題は「セルフメンテナンス」についてです。セルフメンテナンスとは自分自身の状態を自分で点検し、異常があれば修復して健全な状態を維持することを言います。近年、仕事と家事の両立やテレワークによる生活リズムの変化、情報過多などで、ストレスをためこむ人が増えています。

    続きを読む
  8. 有効求人倍率は低水準ながら中国語ができる人材の募集は好調です。

    先日、独立行政法人 労働政策研究研修機構が最新の有効求人倍率を発表しました。それによりますと、2021年7月の有効求人倍率は全国平均で1.15。コロナで自粛が続いていた2020年よりは若干改善したものの、まだまだ低い状況が続いています。

    続きを読む
  9. 実はめちゃ凄い日本の良さを自身の成長に活かしましょう。

    今日は目立たないけど、実はめちゃすごい日本の良さを3点お伝えしたいと思います。1点目:識字率皆さんは日本語が読み書きできますか?こんな質問をすると多くの人にバカにしているのかと叱られそうですが、日本語が普通に読み書きできるのは日本に生まれたからです。

    続きを読む
  10. オータム入学キャンペーンを開催中です!

    まだまだ暑い日が続くと思っていたら、急に涼しくなってきましたね。慌てて長袖を用意されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。秋になって急いで用意しないといけないのは、長袖だけでありません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る