BLOG

沈阳故宫[Shěnyánggùgōng]

写真出典:https://baike.baidu.com/pic/%E6%B2%88%E9%98%B3%E6%95%85%E5%AE%AB/281771/0/f7246b600c338744290f632b5e0fd9f9d62aa09b?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=f7246b600c338744290f632b5e0fd9f9d62aa09b

「故宮[Gùgōng]」と言えば、歴史的文化財として世界的にも有名で、聞いたことがない人はほとんどいないでしょう。でも、実は、中国には故宮が二つあるということをご存知でしょうか?今回ご紹介するのは「北京故宮」ではなく、遼寧省瀋陽市にある故宮です。「沈阳故宫」とも呼ばれ、「北京故宮」と並び、世界遺産に登録されています。
「 沈阳故宫」の広さは「北京故宮」の約12分の1で、7000平方メートルぐらいです。ですが、「北京故宮」より歴史は長く、1625年に建てられ、後金の2人の皇帝ヌルハチとホンタイジの皇居で、続く清では引き続き離宮として用いられました。「沈阳故宫」は「北京故宮」より歴史が長いにもかかわらず、保存状態はよく、数万点の国宝級の文物が収蔵、一般公開されているため、「沈阳故宫博物院[bówùyuàn]」とも呼ばれています。
面白いのは、「沈阳故宫」も世界遺産なのに訪ねる観光客は少なく、わざわざ「沈阳故宫」のために瀋陽へ旅行に行く人は、もっと少ないのです。瀋陽の地元の人でも、全員が「沈阳故宫」に行ったことがあるわけではありません。もしかすると、「北京故宮」に行ったことがある瀋陽人の方が、「沈阳故宫」に行ったことがある瀋陽人より多いかもしれませんよ。
そんな超穴場スポットへ、皆さんも話のネタに行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る