BLOG

日本と中国の年賀状の違いとは。来年は中国風の年賀状を書いてみよう。

早くもコンビニの雑誌コーナーに「ラクラク年賀状」などの雑誌が並びはじめましたね。

つい先日2021年が始まったと思ったら、もう年末。
歳をとるのも早い訳です(笑)

この年賀状ですが、中国でも同じ習慣があります。

但し、日本と違い中国は旧正月=春節が正月の本番になります。

そのため日本のように元旦に着くように送らないと…ということはありません。

新暦の1月1日から、春節のころまで、なが~く発送されるのです。

形式は日本の年賀状のようなものもあれば、西洋風のグリーティングカードのようなものもあります。
面白いですね。

また、中国では「おめでたい色」ということで、赤や金色が多く使われます。
もちろん干支も登場しますよ!

これから年賀状を書くのでしたら、今年はカッコよく中国風の年賀状を書いてみてはいかがでしょうか?

きっと他とは違った、光る年賀状になること間違いなし。
取引先にも一目置かれるかもしれませんよ。

合わせて新年明けの挨拶も中国語で話せると、よりカッコイイです。
来年は自分をアピールできるように、今から中国語をはじめてみませんか?

少しでも皆様の後押しをするために、このブログを読んで下さっている方だけに特別なクーポンをご用意しました。

入学時に以下のコードを記入頂くと、特典が受けられます。

コード:JT11
特典:入学金半額
期限:2021年11月末

無料体験レッスンもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る