BLOG

中国のボーナス事情とは!?

先週から今週にかけて各企業のボーナス支給日が続きましたが、皆さんの会社はいかがでしたでしょうか?

ボーナスは業績が大きく反映されますので、増えた会社、減った会社、様々あると思いますが、給与とは別にまとまったお金が貰えますので、サラリーマンとしては楽しみな日でもあります。

心持ちボーナス支給日は、社員の機嫌が良く、声も弾んでいる気がします。
普段はぶっきらぼうな社員も、その日ばかりは人が変わったように優しいです(笑)

そんな日本のボーナスですが、お隣の中国はどうなっているのでしょうか。
とても気になりますよね。

実は、中国のボーナスは年末ではなく、旧暦の正月である春節の前に一括で支給されます。

中国の求人サイト「智聯招聘」が今月発表した「2020年ホワイトカラー年末賞与調査研究報告」によると、昨年度末(2020年度末)の全国のホワイトカラーのボーナスは、平均7826元(約12万7千円)でした。

2019年に比べると大半の業界で支給割合が低下しましたが、文化、スポーツ、教育、美術の分野はプラス成長になったそうです。

昨年はコロナの影響が大きかった年なので、このような結果になったのでしょう。

この金額を見て、
「中国のボーナスって少なくない?」
「魅力ないな…」
なんて、思った方!!

ここからが本番です。

スマホメーカーのシャオミ(Xiaomi)が、今夏にボーナスで大きな話題を集めたのをご存知でしょうか?

その理由は1人当たり3億円を超える特別ボーナスを支給したからです。
(対象:管理者や成績優秀者など122名)

1人当たり3億円超えは全く想像できませんが、これによりシャオミは中国のビックドリームを、世界中へ知らしめました。

結果を出したものには惜しみなく報酬を支払う。
この文化が中国にも広がりつつあるようです。

よって、実力で勝負したい、ビックドリームを掴みたいとお考えなら、中国で頑張ってみるのも一法かもしれません。

そのための一歩は、まず中国語の習得からスタートします。

私たちは皆様が夢を掴めるよう全力でお手伝いいたします。
一緒に一歩を踏み出しましょう!!

今月はこのブログをご覧の方だけに以下のスペシャルクーポンを進呈します。

コード;JT12
特典内容:入学金半額
使用期限:2021年12月末

無料体験レッスンもご用意していますので、お気軽にお越しくださいね!!

お待ちしています♪

関連記事

ページ上部へ戻る