BLOG

中国語教室は総コストで選びましょう。

皆さんは支出をする際に「総コスト」を意識されていますか?

総コストとは「あれもこれも含めた、それを始めてから終わるまでにかかる費用の総額」のことです。

生活していると支出する機会はたくさんありますが、つい目先の金額だけで行動してしまうことがあります。

例えば自宅近くのスーパーではキャベツが1個200円するところ、遠いスーパーでは100円で売られている。

少しでも安く買おうと、遠くのスーパーまで車でキャベツを買いに行ったら、ガソリン代が余計にかかって結局割高になってしまった….

これはわかりやすい例ですが、誰しも気づかないうちに似たような失敗をします。

語学を学ぶ時も同じです。

最近はバイト学生を講師に見立てた激安ネット授業なども散見されますが、値段の安さだけに飛びつくと、思わぬ失敗を招く可能性もあります。

例えば安いが習得するまでに時間がかかり、総コストで計算したらさほど安くなかった。

安いだけあってフォローが今ひとつで、不明点を残したままコースが終了してしまった。
などです。

これでは安物買いの銭失いになってしまいます。

当学院はネットで広がる激安プランと比較すると授業料は高いです。

しかし講師や授業の質には細部までこだわっており、総コストで見た場合、決して高いとは考えていません。

とは言え、価格が安いことは大変魅力であることも十分承知しています。

そのため質は維持したままで、より低価格にチャレンジしたのが「オンライン受け放題コース」です。

これは本科コースWeb専用コースで行っているマンツーマンレッスンではなく、グループレッスンにすることで単価を抑えています。

マンツーマンはレベルも授業のペースも自分にピッタリ合わせられる事がメリットですが、ある程度自分で管理できる方にはオンライン受け放題コースがお勧めです。

もちろん授業のクオリティは変わりません。

一方で、少しでも多く会話したい、細かい点まで指導して欲しいという方は、本科コースやWEBコースが良いでしょう。

当学院では単に安い高いではなく、在籍講師が質の高い授業を行うことを土台として、生徒様の経済状況や習得レベルに合わせて様々なコースからご選択いただけるようにすることが、結果的に「総コスト」を抑えることにつながると考えております。

これから中国語の習得をご検討されている方は、是非総コストを計算いただいて、当学院をお選びいただければ幸いです。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る