BLOG

当学院の現地スタッフがTiktokで中国の観光地や文化情報を発信中!

先週末「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、”世界文化遺産”に登録される見通しになったと報道されました。

これに先駆けて、鹿児島県から沖縄県の南西諸島にまたがる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(奄美・沖縄)」が、”世界自然遺産”に登録される見通しと報道されていましたので、立て続けに嬉しいニュースとなりました。

このまま進めば、7月にも正式に決まるようです。

では、中国にある世界遺産は何か?気になりますよね。

まずは「万里の長城」です!
これは間違いないですね。

万里の長城は総延長2万キロを超える世界最長の建造物で、約2200年前の秦の始皇帝の時代に造られました。

そのスケールは、壮大の一言。

超大国の数千年という歴史が生み出した唯一無二の絶景です。

宇宙から見える、地球の唯一の建造物だそうですよ。

続いての世界遺産は「武陵源(ぶりょうげん)」です!

武陵源は中国の湖南省に位置し、200メートルを超える石柱が約3000本も立ち並ぶ珍しい光景が見られる場所です。

石柱以外にも湖や渓流、鍾乳洞など様々な大自然の景観が楽しめます。

映画『アバター』の惑星のモデルにもなったそうですよ。

中国の世界遺産登録数は、合計で53件(2019年1月現在)。

旅行者を魅了し続ける世界遺産がたくさんあります。

こんな情報を知ると、行ってみたくなりますね!

残念ながら今はすぐに行くのが難しい状況ですので、代わりに当学院の現地スタッフがTiktokで、中国の観光地や文化情報を発信しています!

楽しい情報満載ですので、ぜひフォローをお願いします!
実用中国語学院Tiktok

皆さんも今から中国の知識を学んだり、語学を学んだりして、お出かけに備えてみてはいかがでしょうか。

語学はビジネスで使うために学ぶイメージが強いかもしれませんが、「旅行を楽しみたい」「現地の人と触れ合いたい」という理由も、立派な習得目的です。

当学院は中国語専門教室として、質の高い指導で多方面より評価をいただいております。
無料体験レッスンもご用意しておりますので、お気軽にご連絡くださいね。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る