BLOG

中国語を習得するとYouTubeの登録者数が増やせる?

皆さんはYouTubeで自身のチャンネルを開設されていますか?

小学生が将来就きたい職業の上位にランクインするなど、最近人気が高いユーチューバーですが、実は8割の人は収益化基準である「登録者1000人」に到達していません。

最初はチャンネル登録者を増やそうと意気込んで始めたものの、あまりに登録者が増えないため、徐々に更新が減り、最後はやめてしまう方が大半です。

視聴者のときは、登録者が何百万、何十万のチャンネルばかり目に付くため、簡単に登録者数を増やせそうな気がします。

ところが発信者側に廻ると、1000人どころか、100人でさえも登録してもらうのが難しいことがわかると思います。

なぜ登録者が増えないのか。

それは画質や編集と行った技術的なことよりも、中身が面白くなかったり、他者の二番煎じだったり、チャンネルに独自性を感じられないことが一番の理由ではないでしょうか。

現在、日本でYouTubeのチャンネル開設数は数百万以上あるらしく、この中で無名の一般人が独自性を出して人気を集めるのは至難の業と言えます。

一方、中国語はどうでしょうか。
現在、日本で中国語を習得している人の正確な数はわかりませんが、YouTubeのチャンネル数よりは、圧倒的に少ないことは容易に想像できます。

つまり中国語を習得すれば、YouTubeはもちろん、英語を習得している人より圧倒的に少ないグループに入ることができます。

それでいて中国語は必要性が高い。

必要性が高いのに少数派ということは自ずと独自性が強まり、チャンスが生まれやすくなります。

ということで、皆さんも中国語を習得してみませんか?

もしかしたら日本語と中国語のハイブリッドで発信すると人気が出るかもしれませんよ。

当学院では通学はもちろん、遠方にお住まいの方にはWEBレッスンもご用意しております。
無料体験レッスンもありますので、お気軽にお越しください。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る