BLOG

中国で日本酒と「きき酒師」がブームに。

今、中国で「日本酒」が大きなブームになっているのをご存じでしょうか。

直近の10年で日本食レストランが6倍以上に増えたこともあり、日本酒の需要も大きく伸びています。

中にはワインと同じように自宅に日本酒専用の冷蔵庫を設置して、常時20本以上の銘柄をストックしている人もいるそうです。

私はアルコールは苦手なのですが、日本酒の産地や文化、伝統を調べるのは好きなので、空き瓶を何本かストックしています(笑)

こうした中、中国で「きき酒師」が人気になっているそうです。

きき酒師とは日本酒についての豊富な知識を有し、料理との相性や味わい、香り、予算などについて様々なアドバイスをするプロ資格です。

ラベルに記載されている専門用語を読み解き、好みに合う味わいや飲み方で日本酒を提供できるスキルが必要になります。

この難しい資格を取得するため、中国で多数の講座が開設されており、ITや銀行など異業種で働く人達が多数受講に訪れているそうです。

凄いですね。

2022年時点で中国に1000人程度の「きき酒師」がいるとのことですが、人口からしてまだまだ足りない状態だと思います。

日本酒にご興味がある方は、この分野で勝負してみるのも面白いかもしれませんね。

日本の文化伝統を広げつつ、中国の皆様のお役にも立つ。
最高の仕事だと思います。

中国語の習得に関しては当学院にお任せください。

通学はもちろん、遠方にお住まいの方にはWEBレッスンをご用意していますので、全国どこにお住まいでも質の高い授業を受けていただくことができます。

当学院の校長も無類のお酒好きですので、一緒に盛り上がりましょう。

ご連絡お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る