BLOG

中国でも日本のアニメ「鬼滅の刃」が大ヒット!

你好!

先週で楽しかったゴールデンウィークも終わりましたね。
早くも次の連休が待ち遠しいです!(笑)

さて、この連休中にこんなニュースを聞きませんでしたか??

「鬼滅の刃、アメリカで大ヒット!!」

そうなんです、もうこの話をしないワケにはいかなくなってきました。

日本でもヒットしている、人気アニメ「鬼滅の刃」です。

『週刊少年ジャンプ』で2016年から連載開始された漫画『鬼滅の刃』が原作で、コミック累計発行部数は1億5000万部を突破しています。

この『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、4月23日より公開(アメリカ時間)され、初週末の興行収入で約2100万ドル(約22億円)を記録したそうです!

アメリカ国内で公開された外国語映画のオープニング興行成績として歴代1位になったそうですよ。

これを聞くと中国ではどうなの?って、気になりなすよね??

中国では一般公開に先立ち、12月30日に北京で先行上映会が行われました。

ノーカットバージョンで作品を鑑賞した映画専門ブロガーの小猪男孩氏は、

「アニメは原作を忠実に再現し、特に戦闘シーンはよく表現されている。
中国には鬼滅ファンが多いので興収は大きく伸びると思う」

と期待を込めて答えたそうです。

それから、5か月…
中国では、様々な事情で未だ上映はされていないようですが、「鬼滅の刃」のアニメはビリビリ動画(中国の動画共有サイト)で見ることができます。

また原作コミックの販売数は、

5位 芥見下々の『呪術廻戦』(670万部)、

4位 古舘春一の『ハイキュー!!』(721万部)、

3位 尾田栄一郎の『ONE PIECE』(770万部)、

2位 原泰久の『キングダム』(825万部)。

1位 吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』(8234万部)!!

※データ元:bilibili(ビリビリ)の微博(ウェイボー)アカウントから
2019年12月2日~2020年11月30日の売り上げTOP5を抽出

上記の通り「鬼滅の刃」は桁違い!!

中国の人々は、鬼滅のような、涙あり、家族愛あり、友情ありというストーリーを支持する人が多いみたいですね。

中国語を学ぶにあたって、中国の人々の感情や文化を理解すると、より良い学びになります。
どのアニメが支持されているかをみると、理解も深まるかもしれませんね。

当学院のyoutubeチャンネルでは「ドラえもん」を元に中国語の解説を行なっています。

実用中国語学院チャンネル

もちろん無料でご覧いただけますので、ぜひアクセスしてみてくださいね。

チャンネル登録もよろしく御願いします!

関連記事

ページ上部へ戻る