BLOG

中国は2025年までに新たに30カ所以上の空港を開港

世界の空港利用客数が、2020年に世界トップだった空港はどこかご存知でしょうか。

答えは中国の広州国際空港です。

コロナの影響で利用客数は前年比40%ダウンとなりましたが、それでも年間4300万人以上が利用しました。

飛行機の運行が少ない状態で4300万人も利用していたわけですから、その凄さが実感できます。

さらに2位以下の空港を見ますと、

2位:アトランタ国際空港(アメリカ)4200万人
3位:成都国際空港(中国)4100万人
4位:ダラスフォートワース空港(アメリカ)4000万人
5位:深圳宝安国際空港(中国)3800万人
6位:北京首都国際空港(中国)3400万人
7位:デンバー国際空港(アメリカ)3300万人
8位:昆明長水国際空港(中国)3200万人
9位:上海虹橋国際空港(中国)3100万人
10位:西安咸陽国際空港(中国)3000万人

となっています。

なんと!世界の旅客数トップ10の空港のうち7つが中国になります。

人が動く=経済が廻ることを意味しますので、中国経済の大きさがわかりますね。

さらに中国では2025年までに新たに30箇所以上の空港を開港するそうです。

日本では空港を一つ作るのに何十年もの時間がかかりますが、わずか3年余りで30もの空港を新設するとは、いやはや中国の力をまざまざと見せつけられますね。

コロナが落ち着いたら反動も含めて旅客数は2020年から大幅に増えるとの見方もありますので、経済も一気に上向くのではないでしょうか。

中国で何かビジネスをお考えの方はこれからがチャンスかもしれません。

ビジネスで中国語が必要になったら是非当学院にご連絡下さい。

中国語の指導はもちろん、翻訳や通訳などのビジネスサポートも行なっています。

まずはお問い合わせだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください!

関連記事

ページ上部へ戻る