BLOG

中国製の電気バスが日本のバス会社で続々採用されています。

以前、当ブログで中国製の電気バスが日本の路線バスに初めて導入された話題をご紹介しました。

中国製のEVバスが日本の路線バスで採用されました

高性能でありながら環境にも優しいとあって、各社での導入が進み、今では岐阜県美濃加茂市の公営バスでも採用されています。

ただ、これまで採用された電気バスはどれも小型で、比較的お客さんが少ない閑散路線での運用が主体でした。

ですが昨年、千葉県に路線網を持つ平和交通で、日本で初となる中国製の大型電気バスが導入されました。

平和交通は都市部を走るので、中国製電気バスが多くの人の目にとまり、今後認知度も向上していくと思います。


BusGearHPより引用

私はまだ乗ったことはありませんが、電車のような走行音がするらしいですよ。

製造販売元のBYD(比亜迪)には他のバス会社からも導入の打診が続々と入っていることもあり、2023年にモデルチェンジして、航続距離をさらに向上させる予定だそうです。

これに伴い社員の募集が積極的に行われています。
例えば法人営業担当なら月50万円の給与だそうです。

うーん、すごい。
校長には申し訳ないですが、こっそり採用面接を受けようかなー、なんて思ったりしてます(笑)

今回は電気バスを取り上げましたが、eスポーツ、ロボットなど、これからの時代をリードする産業で中国は国をあげて投資や育成をしています。

皆さんもこの波に乗るために中国語を習得して関連企業への就職を目指してみてはいかがでしょうか。

当学院は中国語専門教室として30年近い歴史があります。
指導ノウハウも豊富に蓄積しておりますので、是非当学院にお越しください。

無料体験授業もありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る