BLOG

備えあれば憂いなし。日頃から学習貯金を増やしておきましょう!

一時は開催が危ぶまれていたオリンピックも無事に終了しましたね。

自宅でテレビにかじりついていた日が終わったと思うと、寂しい気もします。

開催前は一部の海外メディアから、日本開催のオリンピックには3つの懸念材料があると言われていました。

それが、高温、多湿、それと台風です。

特に台風については「暑さや湿気は対策が出来るけど、台風が来たら屋外競技は大変だよ」と、口々にささやかれていました。

その台風が、オリンピック終了間際に3つも日本列島に接近してきましたので、一時はどうなることかと思いましたが、幸いにも大きな影響はありませんでした。


きっと関係者も、胸を撫で下ろしていることでしょう。

日本と言えば、古くは遣唐使が20回も派遣されて、台風のために命がけで帰ってきたという話は有名ですよね。

日本=台風、というイメージですが、これは日本に限ったことではありません。

今年、中国国家気候センターは、7月から12月にかけて、中国に上陸する台風の数は例年並みか、やや多めだと発表しています。

具体的には、太平洋の北西部および南シナ海の海域で発生する台風の総数が21~23個。

そのうち中国に上陸、または(沿海部に接近して)大きな影響を与える台風は6~8個と予想しています。

日本は川の全長は比較的短くて急であることから、台風が上陸すると氾濫したり、洪水になったり、大きな被害が出ることがあります。

一方、中国では黄河(5,464km)や長江(6,300km)という超ロング河川のため、増水で氾濫が発生すると甚大な被害がでます。

天災には逆らえませんので、日本も中国も、台風に細心の注意を払うのは同じですね。

まだまだ台風シーズンが続きます。

私たちの生活でも、日頃から災害に向けて、非常食や電池などを備えておきましょう。

備えあれば憂いなしです。

これは学びについても同じ。

日頃から学習を重ねて学習貯金も増やしておきましょう!

何でも”事”が起こってからでは遅いです。

平時にこそ、将来に備えて、行動しておくのがベストですよ♪

当学院では体験授業もご用意しています。
お気軽にご連絡くださいね。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る