BLOG

日本のオリンピック選手も中国語が堪能です。

東京オリンピックでは日本、中国ともにメダルラッシュが続いていますね。
この勢いで最後まで頑張って欲しいです。

先週、メダル獲得のニュースのほかにも、話題になっていることがありました。

それがコチラ
↓↓↓
「実はネイティブレベル 卓球・石川佳純の中国語 もちろん張元智和はバイリンガル」
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakajimakei/20210729-00250402

そうなんです!

石川佳純選手と張本選手は、中国語がとても上手なんです。

そのことは、当学院のブログでもご紹介しています。

中国語ができる日本のスポーツ選手と芸能人(女性編)
中国語ができる日本のスポーツ選手と芸能人(男性編)

石川選手は中国のウェイボー(微博)も開設していて、57万人以上フォロワーがいるとか。
もう半分芸能人みたいですね(笑)

張本選手は両親が中国出身ですが、仙台市の小学校に入学して、学校教育はすべて日本で受けています。

そのため、日本語も中国語もネイティブになっています。

このように両選手とも日本語と中国語が話せるため、インタビューはそれぞれの国の言葉で対応しています。

オリンピック競技後に行われた中国メディアのインタビューでは、通訳を介さず、自ら中国語で応じてその場で日本語に訳したそうです。

この行動が”神対応”としてニュースになりました。

両名はこれまでの国際大会でも同様の対応を行っているようで、今回もごく自然に行われていたとか。

めちゃめちゃ格好良いですね。

「天は二物を与えず」ということわざがありますが、この二人は例外のようです。

卓球で世界をリードしながら、中国語もネイティブレベル。

もちろんそれだけ努力しているということですが、凄いとしか言いようがありません。

皆さんも、石川選手や張本選手に近づいてみませんか?

当学院では卓球は教えられませんが、中国語は両選手に近づけるよう全力でバックアップいたします。

無料の体験授業もご用意していますので、お気軽にご相談くださいね。

お待ちしています!

関連記事

ページ上部へ戻る